Yoiko
ThinkPad 701C

使用感

ここでは、ThinkPad 701Cの使用感を書きます。

外観

全体

筐体一杯の大きなディスプレイ、両脇にはみ出したキーボードが特徴的です。当時はカラー液晶が高価なため、やや安価なDSTN方式のカラー液晶も存在しましたが、私が所有しているモデルはTFT方式の液晶で見やすい物でした。画面解像度は640x480ピクセルで、800x600ピクセル以上の解像度があると、より良かったと思います。

閉じたところ

ディスプレイを閉じた状態では、キーボードは中に収納されコンパクトになります。側面にいくつかの端子がありますが目立つことなく、非常にすっきりしたデザインです。

正面

正面

正面は、ディスプレイを開くためのラッチがあります。下半分にあるいくつかの小さな点はネジです。ネジ山はトルクス形式です(特殊なドライバーが必要)。

左側面

左側面

左側面には、電源端子、電源スイッチ、パラレル兼FDDポート、モデムポート、オーディオ端子があります。

右側面

右側面

右側面には、バッテリー、ハードディスク、PCカードスロット、ケンジントン用スロットがあります。

背面

背面

背面右下の扉を開くとMultiPort II用の拡張端子が見えます。

キーボード

キーピッチ

ThinkPad 701C一番の特徴であるキーボードですが、キーピッチは19mmです。キーが小さくない点では確かに使いやすいです。しかし、キータッチはどちらかといえば柔らかく、私の好みではありません。また、両端のキーを打つと若干たわみます。

TrackPoint

TrackPoint

ポインティング・デバイスとしてはTrackPointが装備されています。世間ではタッチパッドが多いですが、キーボードから手を離す必要がないので私はTrackPoint派です。

性能

メモリー・スロット
メモリー・スロット

CPUはDX4 75MHz、メモリーは24MB(増設後)です。当時としては十分な性能でした。

ハードディスク

ハードディスクは着脱可能なタイプです。私は後に2.1GBのディスクに交換しました。ThinkPakというディスクのアダプターがサードパーティーから販売されており、それを使用しました。

バッテリー

バッテリー

2000mAhのNiMHバッテリーです。バッテリーだけで使用する機会はあまりありませんでしたが、バッテリーのもちは極端に短いと感じたことはありませんでした。購入から10年以上経ち、最近では中の溶液が白く噴出してしまうようになってしまいました。

各種インターフェースなど

FDD/パラレルポート

FDD/パラレルポート

ここのゴムカバーが硬めで外しにくいです。また、キーボードを展開した状態ではキーボードの影に入ってしまいケーブルの取り外しが非常にやりにくいです。

PCカードスロット

PCカードスロット

少し奥まった位置に取り出し用のボタンがあり、挿入したカードをイジェクトするのがやりにくいです。

電源スイッチ

電源スイッチ

前述のFDD/パラレルポートの奥に電源スイッチがあります。最初はこのスイッチが非常に固かったです。何度も使ううちにそうでもなくなるのですが。