Yoiko
自動改札機の研究

歴史

自動改札機の誕生から現在まで。

駅務の自動化

ターンスタイル改札機
ターンスタイル改札機

乗車券にかかわる駅務(鉄道駅での業務)には、出札、改札、集札があります。

「出札」は乗車券の発売業務、「改札」は乗車券の妥当性検査業務、「集札」は使用済み乗車券の回収業務です。

出札業務は早く(明治の終わり)から自動化が始まりました。しかし、改集札業務はその複雑さゆえか自動化に時間がかかり、実用化されたのは1960年代後半でした。

昭和初期、ターンスタイルの機械が東京や大阪の地下鉄で存在しました(写真は地下鉄博物館の展示物)。硬貨を投入すると一人ずつ改札を通過できます。均一料金制の区間で限定的に採用できるものであり、改集札業務の完全自動化を実現したものではありませんでした。

出改札自動化に向けた研究

高度成長期、都市圏での旅客の増加に伴い、ラッシュ時における改札口の混雑がひどくなってきました。その対応として1960年代より改札自動化の研究が始まりました。

立石電機(現在のオムロン)による研究

1964年より、近鉄との共同研究が行われました。試作機を開発し、阿部野橋駅で近鉄社員を対象にして試用されました。試用することで旅客の検知方法や券搬送部が改良されました。しかし、近鉄には国鉄との連絡改札が存在することなどもあり、実用化は見合わされました。

(参考資料: 鉄道ピクトリアル 727 「自動改札システム開発の時代をめぐって」)

日本信号による研究

1965年、アメリカのアドバンス・データ・システム社が日本に自動改札装置を売り込みにきたことを知った日本信号が同社と接触を図りました。1967年に技術提携を調印し、社内に事業部をつくり体制が整えられました。そして、1968年には試作機を完成させました。

(参考資料: 日本信号50年のあゆみ)

試用

1966年に東急で、1970年には国鉄でも実用化に向けた試用が行われました。

実用化

本格的に実用化されたのは、1967年3月の京阪神急行電鉄(現在の阪急)北千里駅です。立石電機の機械が同駅に設置されました。

その後は、1969年以降に東京モノレール、近鉄、札幌市交通局など次々と使用が始まりました。

関東地区での普及

連絡運輸が多いこともあって、関東地区では自動改札の普及はなかなか進みませんでした。しかし、1990年にJR東日本が本格導入に踏み切ったことによって一気に自動化されました。

現在

乗車券、定期券のICカード化が進んでいます。磁気データを処理していた改札機は、磁気/IC併用機を経てIC専用機の出現とそのスタイルが変わってきています。

記録方式と普及時期
記録方式と普及時期