Yoiko
自動改札機の研究

構成

典型的な自動改札機の構成は下図の通りです(一部簡略化)。

利用客の目に見える本体以外にもいくつかの装置が存在します。

構成図
構成図

改札機本体

ハンドラー

ハンドラー
ハンドラー

投入された乗車券の搬送、読み書きを行う装置です。

投入口の例です。かつて阪急電鉄で使用されていた機械では、左利きの利用者に考慮して5度の傾きがつけられていました。

日本信号(南海電気鉄道)
日本信号(南海電気鉄道)
東芝(近畿日本鉄道)
東芝(近畿日本鉄道)
オムロン(京阪電気鉄道)
オムロン(京阪電気鉄道)
東芝(阪急電鉄)
東芝(阪急電鉄)

続いて、取出口の例です。取出口付近にカメラが設置されている機械も存在します。

オムロン(阪神電気鉄道)
オムロン(阪神電気鉄道)
東芝(伊豆箱根鉄道)
東芝(伊豆箱根鉄道)
東芝(阪急電鉄)
東芝(阪急電鉄)

ICカードR/W

アンテナ部分にはゴム製のクッションが取り付けられており、機械の破損を防ぐようになっています。

Suica(東京モノレール)
Suica(東京モノレール)
PiTaPa(阪急電鉄)
PiTaPa(阪急電鉄)

センサー

センサー
センサー

改札通路を通過する旅客を検知するためのセンサーです。赤外線を使用しています。改札機筐体の数カ所にセンサーが組み込まれています。

写真では、黒いバーに見える紫色の点がセンサーです。

ドア

初期の頃は単純に開閉するだけでしたが、最近では動作速度の制御が行われ、人間との衝突時にも衝撃が少なくなるよう改良されています。

閉状態(京王電鉄)
閉状態(京王電鉄)
開状態(近畿日本鉄道)
開状態(近畿日本鉄道)

通路表示

以前は、電照(電球を使用)が多かったのですが、近年ではLEDマトリクスによる表示が多いです。通路によっては、固定表示の場合もあります。

○×のほかに矢印やアイコンによる表示が行われます。

固定電照(京阪電気鉄道)
固定電照(京阪電気鉄道)
LED(大阪市交通局)
LED(大阪市交通局)
LED(神戸電鉄)
LED(神戸電鉄)
LED(東日本旅客鉄道)
LED(東日本旅客鉄道)

案内表示

切符の取出口先にあるのが一般的ですが、新幹線改札機のように投入口にある場合もあります。切符の残額やエラー原因などが表示されます。

LED、プラズマ・ディスプレイ、カラー液晶が使用されています。

カラー液晶(東海旅客鉄道)
カラー液晶(東海旅客鉄道)
プラズマ・ディスプレイ(東京モノレール)
プラズマ・ディスプレイ(東京モノレール)
LED(横浜市交通局)
LED(横浜市交通局)

メーカーズ・プレート

改札機によっては、製造メーカーを示す銘板が下部に取り付けられていることがあります。

オムロン(南海電気鉄道)
オムロン(南海電気鉄道)
東芝(北九州高速鉄道)
東芝(北九州高速鉄道)
日本信号(千葉都市モノレール)
日本信号(千葉都市モノレール)

周辺機器

制御装置

制御装置
制御装置

自動改札機の動作を制御する装置です。改札機とネットワーク接続することにより、運賃改訂時の情報を伝送することも可能です。また最近では、後方に存在するICカード用サーバーなどともこの装置を通じて接続されているものと思われます。

駅事務室内に設置されることが多いため、目にする機会はそう多くありません。

写真の青いボックスは、大阪市交通局での設置例です。

監視盤

監視盤
監視盤

改札機の稼働状況を監視する装置です。エラー発生時にその内容を表示可能です。通路方向の制御(入出場)やリセット操作も行うことができます。

改札口の駅係員の手元に設置される場合がほとんどです。

通路表示

改札通路の天井に設置される装置です。最近は撤去、もしくは当初から設置されない傾向にあります。

蛍光灯電照(大阪高速鉄道)
蛍光灯電照(大阪高速鉄道)
LED(ゆりかもめ)
LED(ゆりかもめ)
パネル(東武鉄道)
パネル(東武鉄道)
蛍光灯電照(阪急電鉄)
蛍光灯電照(阪急電鉄)